選挙用メール

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア

「選挙用メール」登録画面へ

ネット選挙が解禁されました。新しい法律では、ホームページ、ブログ、SNSにおける選挙が解禁され、選挙本番になると個人、政党、候補者は、これらを活用して、自由に選挙運動を行えるようになりました。
これとあわせて、メール(LINE、twitter、facebookなどのSNSのメッセージはメールではないので自由に使えます)による選挙については一部制限が設けられ、個人が選挙本番中に候補者への支持依頼を行うことは、公職選挙法で禁止されました。
メールで選挙運動を行えるのは、政党と候補者に限定されます。政党と候補者は、「選挙用メール」を受け取る意志を確認している人に対して、「選挙用メール」を配信できるようになりました。この「選挙用メール」では、自由に選挙運動ができるようになります。「選挙用メール」に登録いただければ、候補者の声や活動状況、支持のお願いなどを含むメールが自由に受け取れます。ただし、受け取ったメールを第三者に転送することは、法律で禁止されています。

 

注意 登録していただいた方でメールが差出人である地区委員会に戻ってくるケースが発生しています。登録の際、登録完了通知が自動的に返信されますが、このメールが届かない場合、メールアドレスに何らかの不具合(アドレスの誤記等)があると考えられます。返信メールが届かない場合は、誤りがないかどうか、ご確認ください。

「選挙用メール」登録画面へ