【参議院選】和歌山選挙区に前ひさし氏擁立 日本共産党和歌山県委員会

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア

やさしく強い経済へ

参院和歌山選挙区 前候補が会見


 日本共産党和歌山県委員会は18日、和歌山市内で会見。参院選和歌山選挙区に県常任委員の前ひさし氏(66)を擁立すると発表しました。
 前氏は、ロシアによるウクライナ侵略を一刻も早く終わらせなければならないと力説するとともに、岸田文雄首相による敵基地攻撃能力の保有、安倍晋三元首相や維新の党による核共有を「憲法9条を持つ国として、唯一の戦争被爆国として許してはならない」と批判。新型コロナウイルス感染症に対し岸田政権の成り行き任せを批判し、抜本的対策を強く要求するとともに、賃金が上がらない上に、社会保障や教育予算削減、消費税の連続引き上げを示し「経済がもろく弱い国になっている」とのべ、やさしく強い経済への転換を訴えました。また、和歌山県がすすめるカジノ誘致ストップに全力をあげる決意を表明。市民と野党の共闘を前にすすめる日本共産党の躍進で政治を変えようとよびかけました。
 下角力県委員長は、比例代表での5議席獲得をめざし、選挙区で前氏を野党統一候補として擁立するための協議をすすめると表明しました。

20220419しんぶん赤旗参院和歌山前ひさし.jpg

会見する(左から)前、下角両氏=18日、和歌山市

(2022年4月19日「しんぶん赤旗」)