【談話】トランプ米政権による国連憲章を無視した軍事的挑発行為を厳しく非難する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア

 日本共産党の志位和夫委員長は1月3日、次の談話を発表しました。

***

トランプ米政権による国連憲章を無視した軍事的挑発行為を厳しく非難する

2020年1月3日 日本共産党幹部会委員長 志位和夫

 一、3日、トランプ米大統領の指示により、米軍がイラクのバグダッド空港で、イラン革命防衛隊幹部を空爆で殺害するという事態が引き起こされた。
 日本共産党は、米国トランプ政権による国連憲章を無視した先制攻撃――軍事的挑発行為を厳しく非難する。緊張の激化とエスカレーションを深く懸念する。トランプ政権に対し、軍事的挑発をやめ、イラン核合意にただちに復帰することを強く求める。

 一、トランプ政権による軍事的挑発行為によって、アメリカとイランの緊張関係が激化するもとで、自衛隊の中東沖への派兵は、いっそう無謀で、危険きわまりないものとなった。安倍政権に対し、自衛隊派兵の閣議決定をただちに撤回することを強く求める。いま日本政府がなすべきは、トランプ大統領に対してイラン核合意への復帰を説く外交努力であることを、重ねて強調するものである。