【赤旗】和歌山・かつらぎ町議選 東芝氏が1位当選

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア

 

 7月24日に投開票が行なわれたかつらぎ町議会議員選挙で、日本共産党の東芝ひろあき候補の当選を報じる記事が7月26日付「しんぶん赤旗」近畿のページに掲載されました。

***

和歌山・かつらぎ町議選 東芝氏が1位当選

万歳する東芝氏(前列中央)ら=24日、和歌山県かつらぎ町

 和歌山県かつらぎ町議選が24日投開票され、日本共産党の東芝弘明氏(62)=現=は、2人立候補の前回より得票、得票率とも伸ばし1位当選しました。
 東芝氏は、2つあるこども園の過密を解消するため第3こども園の設置や、乗り合いタクシーの実現、住民と町がいっしょになって再生可能エネルギーよる新電力会社の設立、住宅の二重窓化で省エネを推進するため住宅リフォーム助成、国保税と介護保険料の値下げなどを公約し1287票(2人立候補の前回より91票増)、得票率15・75%(同2・63%増)を獲得し1位で当選しました。
 当日有権者数は1万3824人、投票率は59・95%(62・63%)でした。

―2022年7月26日しんぶん赤旗