九度山町議会3月議会 日本共産党議員の一般質問項目

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア

2018年第1回九度山町議会定例会(3月議会)が、3月5日開会しました。

2018年度九度山町予算案などの議案に対する質疑は、3月12日(月)に、一般質問は3月16日(金)に行われます。

日本共産党の伊丹俊也議員の一般質問項目は次の通りです。

◆伊丹俊也議員の一般質問

1.子どもの国民健康保険均等割保険料軽減措置について

 ①子どもに係る均等割保険料の軽減措置についての国と地方の間で行われている協議について説明を求めます。        
 ②18歳未満の子どもの均等割保険料について本町独自の減免制度創設を求める。

2.国民健康保険の都道府県化について

 ①2018(平成30)年度からの国保都道府県単位化で、県と本町の役割分担がどうなるかについて説明を求めます。
 ②2018年度からの本町の国民健康保険税の見通しについて説明を求めます。
 ③本町が徴収した保険料が県の決めた納付金を下回った場合の対応とその場合の本町の被保険者への影響について尋ねます。

3.生活扶助基準の引き下げの影響について

 ①生活扶助基準の引き下げにより直接影響を受ける国の制度や町単独事業としてはどのようなものがあるのか尋ねます。
 ②生活保護基準の引き下げによる生活保護を受けていない低所得者向け事業への影響とそれへの本町の対応について尋ねます。
 ③就学援助の準要保護援助者への影響とそれへの本町の対応について尋ねます。

九度山町議会3月議会の一般質問は、3月16日(金)午前9時から。伊丹議員の質問順は2番目です。

九度山町のみなさん。議会傍聴をお願いします。