伊丹俊也議員の一般質問通告内容 九度山町議会12月議会

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア

2016年第4回九度山町議会定例会(12月議会)の伊丹俊也議員の一般質問通告内容は以下の通りです。

●伊丹俊也議員の一般質問項目

1.公園を活用した町民の健康づくりについて
① 児童公園・児童遊園への健康遊具を設置することについてお尋ねします。
② 児童公園・児童遊園を活用した健康づくり推進についてお尋ねします。

2.高齢者の健康づくりについて
① 介護予防教室の現状と今後の運営についてお尋ねします。
② 2019年のねんりんピック和歌山開催を控えて、今後の高齢者のスポーツ振興についてお尋ねします。

3.町・県民税の特別徴収通知書への個人番号(マイナンバー)記載について
① 本町における個人番号通知の状況はどうなっていますか。
② マイナンバー制度で、従業員が勤務する事業所からマイナンバーの提出を求められても拒否できるか。
③ 町にマイナンバーを提供しないことで、行政上不利益な鳥居扱いがされることがあるのか。
④ 「給与所得に係る町民税・県民税 特別徴収税額の決定・変更通知書(特別徴収義務者用)」にマイナンバーを記載するのか。
⑤ マイナンバーを④の通知書に記載する場合、従来通り普通郵便で送付するのか。

4.「真田赤備えバス」について
① バスの利用実績をお尋ねします。
② 観光客の移動をサポートする手段として、バスの運行の役割は大きいと考えます。「真田赤備えバス」の運行終了日である来年1月7日以降、バス運行の延長があるのかどうか。
③ バス運行期間が当初予定通りであった場合、南海りんかんバスに運行期間延長を町から要望することをお考えですか。

以上

九度山町議会12月議会の一般質問は12月15日(木)午前9時からです。

伊丹俊也議員は7番目に一般質問を行います。質問開始は、午前11時30分頃の見込みです(開始時間は議事進行により変わります)。

みなさんの傍聴が力になります。九度山町民のみなさん。議会傍聴をお願いします。