【紀の川市議選】日本共産党1議席増 3議席へ前進

投稿者: | 2017年11月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア

11月19日投開票が行われた紀の川市議会議員選挙の結果を報じる記事が、昨日(11月21日)付「しんぶん赤旗」の近畿のページに掲載されました。その記事を全文転載します。

***

当選し万歳する(中央右から)石井、中村、門の3氏ら=19日、和歌山県紀の川市

 共産党3議席回復

   和歌山 紀の川市議選1議席増

和歌山県紀の川市議選が19日投開票され、日本共産党の石井仁(43)、中村真紀(39)=以上現=、門真一郎(68)=新=の3氏が当選。1議席増やし3議席を回復しました。

3氏は乗り合いタクシーの市内全域での実現や国保税引き下げ、学校給食無償化、介護保険料・利用料の軽減、ごみ袋代値下げなどを訴え、3氏合わせて3460票(前回より169票増)、得票率11.86%(同2.06㌽増)を獲得。先の衆院選比例との比較でも3氏は952票と大きく伸ばしました。一方、当選した公明3現職は衆院選比例から565票減らし、落選した維新新人は2,844票減と衆院選比例の2割弱しか得票できませんでした。

当日有権者数は5万4062人。投票率は54.72%(前回62.59%)で、過去最低となりました。

(2017年11月21日「しんぶん赤旗」)