自民党政調会長「原発事故で死者は出ていない」発言に意見

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア

自民党の高市政調会長の「原発事故で死者は出ていない」という発言。政権党の幹部の発言だけに許せません。今朝、NHK「あさイチ」で飯舘村のみなさんの苦悩しながらも賢明に生活している様子が放映されました。
はじめに原発再稼働ありき。自民党と電力産業の切れない関係を改めて実感です。原発事故が収束せず、事故の原因も解明されず、苦しんでいる住民がいます。安倍内閣と自民党の、国民不在の政治そのものですね。企業献金と政党助成金なしには運営もできない自民党の、国民に寄り添えない限界がここにあるのではないでしょうか。片山元総務大臣が言った「日本には共産党などを除くと政党らしい政党はない」との言葉を思い出しました。